マイページ

ログイン

ログアウト

買物カゴの中身を見る

贈り物ガイド

こんなときどうするの?
大切な人への贈り物だから、マナーもしっかりと…
贈り物をするときに、ちょっと知っておくと便利な情報をお届けします。

熨斗ガイド

地域により慣習の違いがございますので、送り先や地域の慣習を確認してから贈られると良いでしょう。

熨斗(水引)の種類について

祝儀袋や不祝儀袋など進物用の包みを結びとめる飾り紐のことで色や本数に意味があります。

蝶結び

表書き 用途
紅白無地のし 訪問先へ手土産として持って行く場合に良く使われます。
御挨拶 挨拶まわりなどに使われます。引っ越し後のご近所様の挨拶まわりによく使われます。
粗品 訪問先へお土産として持っていく場合。御礼より少しへりくだった使い方が一般的です。
御礼 お世話になった方々へ感謝の気持ちを表します。
御祝 婚礼関係以外の御祝に使われます。
内祝 一般的な御祝に対するお返しです。ただし、婚礼関係は結切りを使います。
御入学祝 4月上旬が目安です。ただし、学校の入学期によって異なる場合がございます。
御出産祝 出産した方へお祝を差し上げる場合に使われます。
出産内祝 出産のお祝いを頂いた方へお返しです。
※名入れは「赤ちゃんの名前」「ふりがなつき」で贈る事が一般的です。
御中元 関東では7/1~7/15。関西では7/15~8/15ぐらいまでが一般的です。

冠婚葬祭マナー

出産祝いは、贈る時期に気をつけましょう。両親やご親族、御世話になった方へ贈ります。お返しを贈る時期は、お宮参りの前後にしましょう。

出産祝いを贈るときは、産後10日~1ヶ月の間が好ましいとされています。「御出産祝」「祝出産」と書いたのし紙を付けましょう。
出産内祝いを贈るときは、普通、出産後1ヶ月以内と言われています。紅白蝶結びののし紙で、表書きは「内祝」とし、その下に誕生した子どもの名前とふりがなをつけるのが一般的です。また、お祝いを頂いた場合は、その額の半額程度が目安です。

結婚祝いは、結婚式の1週間までには贈りましょう。お祝いの言葉を添えると喜ばれます。また、お返しは、披露宴に招待できなかった人や、ご招待したけど出席できなかった人に贈ります。

結婚祝いを贈るときは、挙式・披露宴の招待を受けてから挙式の1週間前までが目安です。紅白もしくは金銀の水引を結びきりで、表書きは「寿」や「御結婚御祝」と書くのが一般的です。
結婚内祝いを贈るときは、挙式後1ヶ月以内が目安です。紅白十本結び切りののし紙で、表書きは「内祝」や「結婚内祝」とし、その下に夫婦連名か新しい姓のみを書きましょう。金額は頂いたお祝いの半額程度が目安です。

引き出物は、列席して頂いたことに感謝の気持ちを込めて贈ります。「幸せがいつまでも続きますように」とい想いから、割り切れない奇数だと縁起が良く喜ばれ、3品が一般的とされています。

引き出物を贈るときは、数に気をつけましょう。3品が一般的ですが、割り切れない奇数だと縁起が良く喜ばれます。

新築祝いは、新居完成後2~3週間以内に贈りましょう。お返しの時期は、お祝いを頂いてから1~2ヶ月以内までに贈ります。

新築祝いを贈るときは、新居の完成後2~3週間が一般的です。新居披露に招待された場合は、その時に持参しても構いません。
新築内祝いを贈るときは、一般的に、お祝いを頂いてから1~2ヶ月以内と言われています。紅白蝶結びののし紙で、表書きを「新築内祝」や「内祝」とし、その下に名字や世帯主の名前を書きましょう。金額は頂いたお祝いの半額程度が目安です。

開店祝いを贈るときのマナーの基本として、数に気をつけましょう。一般的に奇数は縁起が良い数とされているので偶数は避けるようにします。4(死)や9(苦)は縁起が悪い数字とされているので注意しましょう。8も偶数ですが、漢字で書くと末広がりで縁起が良いとされています。

開店祝いを贈るときは、六曜に気をつけましょう。開店日当日が先負や仏滅だという場合はほとんどありませんが、お祝いは前日までに渡しましょう。
開店内祝いを贈るときは、1,000~2,000円程度が目安です。のし紙の表書きは「内祝」や「開店(開業)内祝」と書きます。

お中元は、時期に気をつけましょう。7月初旬~中旬までに贈るのが一般的です。時期を逃してしまった場合は、暑中見舞い・残暑見舞いとして贈ります。
※地域によって解釈が異なりますので、予めご了承下さい。

お中元を贈るときは、半年間の感謝の想いを込めて、お世話になった方々へ贈りましょう。
特にお返しを贈る必要はありませんが、3日以内に御礼状を送ると良いでしょう。

お歳暮は、時期に気をつけましょう。11月末頃~12月20日頃までに贈るのが一般的です。時期を逃してしまった場合は、正月の松の内(1月6日)までに「御年賀」として贈ります。
※地域によって解釈が異なりますので、予めご了承下さい。

お歳暮を贈るときは、一年間の感謝の想いを込めて、御世話になった方々へ贈りましょう。
特にお返しを贈る必要はありませんが、3日以内に御礼状を送ると良いでしょう。

快気祝いを贈るときは、時期と品物に気をつけましょう。時期は、全快後約10日以内が一般的です。 品物は「すっかり治った」という意味から、食べてなくなるものが良いと言われています。

快気祝いを贈るときは、全快後約10日以内が一般的で、食べ物がオススメです。
快気内祝いを贈るときは、全快後、「二度と体調を崩さないように」という意味から、紅白結び切りののし紙で、表書きは「快気内祝」とし、お礼状も添えましょう。

引越しの挨拶は、自分の家の向かい側3軒家と、左右2軒の隣家までと言われています。

引越しの挨拶は、引越し後2~3週間以内が一般的です。贈り物の金額の目安は、ご近所には1,000円程度、管理人に送る場合はその倍の2,000円ほどが良いでしょう。

誕生日祝いは、1年に一度、感謝の気持ちを込めて贈りましょう。

長寿の祝いを贈るときは、時期に気をつけましょう。お祝いの半月前~当日が目安です。お祝いの日は、誕生日、敬老の日などが良いでしょう。

長寿の祝いを両親に贈るときは、2~3万円程度が目安です。品物に関しては、本人の嗜好を尊重した品や、祝い年の色を参考にしましょう。のし紙は紅白の蝶結びで「御祝」と書きましょう。

香典返しを贈る時期に気をつけましょう。「故人に対する弔事が滞りなく終わりました」という報告と御礼を兼ねて、忌明けの後に贈ります。金額は頂いた香典の半額が目安です。

お供え、粗供養の時期は、仏式の場合は四十九日の忌明け、神式の場合は三十日祭、五十日祭を忌明けとし、その直後に贈ります。

法人ノベルティ、イベント景品の喜ばれる選び方として、基本的に食べてなくなるもの、実用的なものにしましょう。

プチギフトを選ぶ際の予算は約500円~1,000円程度です。感謝の気持ちを込めて、できるだけ手渡ししましょう。